Push7で更新通知を受け取れるようになりました (12/10)

Amazonで専門の毛玉取り機を買ったら想像以上に便利だった 泉精器製作所「KC-NB34」レビュー

 

ご無沙汰しております。

沖縄に帰ってきました北山羊輔 (icon-twitter @ysk_kitayama)です。

12月に入り、沖縄でもちょっぴり寒さを感じるようになりました。

さて、この時期になると毎年気になるのが「毛玉問題」

 

セーターやニット系の生地の衣類に突然現れる厄介者。

最近は100円ショップからも「毛玉取り機」なるものが販売され、それを使ってなんとかしのいでいたのですが、いかんせんパワーが弱く毛玉が刃に絡んでしまう上、サイズが小さいので時間もかかる。

そんな中、最近ネットで存在を知ったのが、専用の大きな毛玉取り機 です。

 

[st-kaiwa1]毛玉は手でむしり取ったら、かえって増えるよ!(経験談)[/st-kaiwa1]

 

Amazonで良さげな毛玉取り機をさがす

とりあえず大正義Amazonで探します。

「毛玉取り機」で検索すると、いくつかの商品がヒット。

レビューやネットの評判を調べた上で泉精器製作所の「毛玉とるとるシリーズ KC-NB34」を購入しました。

 

選んだポイント

 

他製品と比べて圧倒的に安い

 

コードレスである

 

記事やレビューが信頼できる(業者感がうすい)

 

公式の商品紹介動画が若干狂気じみている ↓

 

選べる本体色はオレンジ、グリーン、ピンクというサイケデリックカラーっぷり!

しかたなく一番目に優しそうなグリーンを選びました。

 

届いた

 

こ、これは…!

「すごく・・・大きいです・・・」

本体も大きめだが、なによりもカットする刃の部分がデカい。これは効率が良さそうな予感。

 

 

駆動時は「ノーマルモード」と「ケアモード」を選べ、グリップ部分のスイッチで切り替えが可能。

[st-kaiwa1]「ケアモード」は、おしゃれ着などの繊細な衣類を扱うときや、着たまま毛玉を取る時に使用するといいみたいです。[/st-kaiwa1]

 

 

また、「ふわふわガード」なる緑色のカバーをを回転させることで、刃の高さを調整することもできます。

 

 

電源はACではなく、単3乾電池2本のコードレス。連続使用可能時間は約120分。

 

 

実際に使ってみた

では、さっそく使ってみます。

電源を入れてみると、駆動音は思ったよりも小さく、深夜や早朝でも気兼ねなく使えそうです。

 

 

VS.スウェット地の紺色パンツ

履きご心地が良くて楽なので、涼しくなるとよく履いているスウェットスリムパンツ。

紺色なのでとにかく毛玉が目立ち、気になります。

念のためふわふわガードを「高」に設定して使用してみます。

 

 

なんということでしょう。

言うまでもなくスライド左がビフォアー、右がアフターです。

いや、これめちゃくちゃ使いやすいです。100均の毛玉取りと全然違う…

 

VS.最強の黒ソックス

我が家の衣類の中でも圧倒的な毛玉力を持っているのが黒ソックス。

硬めの生地なので毛玉も強く、100均の毛玉取り機ではほとんど太刀打ちできない最強の刺客。

漆黒の布地に白き毛玉が煌々と輝く様は、さながら澄んだ夏夜の星空のごとし! ←うるさい

今度はノーマルモード+刃の高さ「低」に設定し、全力で挑みます。

 

ごっそり取れた!

すごい…思ってたよりだいぶすごい

そして爽快感がある。気持ちいい。

 

 

使用感まとめ

 

100円ショップの毛玉取り機とは比べられないほどパワフル

 

刃が大きいので効率が抜群に良い

 

駆動音は思っていたよりも小さい

 

有線タイプよりもコードレスタイプの方が気軽に使えて便利

 

ふんわりガードやケアモードはあんまり使わない

 

 

 

取れた毛玉は本体下部の容器に集められるので、手を汚さずに捨てることができます。

 

 

また、パーツはそれぞれ分解可能なので、汚れが溜まったら洗浄することもできます。

[st-kaiwa1]洗いやすいのは個人的にとっても嬉しい!(潔癖)[/st-kaiwa1] [adsense]

毛玉取りが楽しくなるという最大のメリット

というわけで、専用の毛玉取り機は想像以上に、高性能で使いやすいモノでした。

これが1000円ちょっとで買えるのはなかなか良いコスパかと。

なによりも、毛玉取りが楽しくなるというのが最大のメリットだと思います。

 

特に大きな不満も見当たらない、買ってよかった「当たりアイテム」になりました。

頑固な毛玉に悩まされている方は、ぜひお試しください。オススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう