1月~4月の買ってよかったモノまとめました(05/13)

【厳選】本当に買ってよかった暮らしに役立つモノ 2019年5・6月版

 

北山 羊輔

湿気で髪が爆発しております。北山 羊輔(icon-twitter-square@ysk_kitayama)です。

本格的な梅雨模様となってきましたが、心は晴れやかに暮らしてまいりましょう。

 

さて、本記事は『買ってよかったモノシリーズ』の5・6月編。

デジモノを中心に7点に厳選しましたので、ぜひ御覧ください。

5・6月に買ってよかったもの7選

1.とにかく黒が美しい『Surfce Laptop2』

Surfaceシリーズのラップトップ「Surface Laptop2」の新色ブラック。

デザイン・機能ともに完璧なプロダクトでした。

買ってよかったポイント
  1. デザインがシンプルで洗練されている
  2. とにかく薄くて持ち運びやすい
  3. タッチパネル機能や大型パッドが便利

最厚部1.44cmというMacbook Airよりも薄いボディと、ディティールの完成度はさすが「Surface」というクオリティ。

細部のパーツまで徹底してブラックに統一しており、単純にシンプルで美しい。

 

キーボード側はAlcantaraという人工皮革で覆われていて、これが高級感があり手触りも◎。

また、タッチパッドは大判でWin10のジェスチャー機能との相性も良く、加えて液晶はタッチパネル対応のため使い勝手も抜群。

Microsoft製のためOfficeが標準搭載なのも嬉しいところです。

Surface Laptop 2 – 256 GB / Intel Core i5 / 8 GB RAM (ブラック)

 icon-arrow-circle-up ちなみに、本機種はMicrosoftの学生さん向けキャンペーンの対商品になっているようですので、在学中の方はぜひ確認してみてください。

 

 

 

2.今年もオススメ!Uniqlo Uのサンダル

買ってよかったポイント
  1. シンプルでミニマルなデザイン
  2. 軽くてクッション性も抜群

2018年に人気を博したユニクロUスポーツサンダルの2019年モデル。

完全に無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインと抜群の履きご心地も健在。そしてマジで軽い。

 

旧モデルに比べてストラップが細く改良されたため、カジュアルさが緩和され、より合わせやすくなりました。

横幅は日本人に合わせて広めに設計されているため、カラーはブラックでスリム効果を狙うのがオススメです。

 

 

 

3.世界一のコスパ!無印良品のシンプルな爪切り

買ってよかったポイント
  1. ビックリするほどよく切れる
  2. デザインがシンプルで頑丈
  3. 国産でこの値段はコスパ◎

the360.lifeさんの『「無印良品の爪切りが世界一」って言ったら信じますか?』という特集記事を読んで即購入。

 

実際に使用してみると、これがもうビックリするほど切れる。

「固くてムカつく」でお馴染みの僕の足親指の爪も、スパッといけました。

ハンズで買った3000円の爪切りより切れるってどういうことなの。

 

 icon-arrow-circle-up 刃先をマクロレンズで撮影してみると、この精度。

無印の刃物系商品は『刃物の町』こと岐阜県関市で製造されているため、いい意味で価格とクオリティが釣り合ってません。

このレベルの国産品が1000円以下で買えるコスパはすごい。

 

ただし、本体のヤスリは目が荒くて好みではないため、同じく無印の良品折りたたみ爪やすりを使用しています。

ネイルケア用品が意図せず無印製品で揃ってしまった。

 

 

 

4.新しいトラックボールマウス『MX ERGO』

 

買ってよかったポイント
  1. UnifyingとBluetoothの両立が嬉しい
  2. 端末切り替え機能が神
  3. 全体的で重厚で高級感のあるデザインに

7年前から世界的に圧倒的な人気を誇っていた名機種『M570』に続く待望の新機種。

 icon-arrow-circle-up 僕が技研の時点でバカみたいに期待していた通り、UnifyingとBluetoorhを両立してくれました!ありがとうlogicool!

 

 icon-arrow-circle-up そして、本機種のもう1つの特徴が、底面マグネットによる20度までの傾斜調整

せっかくなので、20度で使用してみたところ、始めは違和感があったものの、慣れてくるとなるほど確かに手首の負担がなく快適。まぁ特にM570の角度でも大きな問題はなかったのだけれど。

 

なお、この機種には【Logicool Flow】というPC間をポイントが瞬時に飛び越えてコピペ等ができるという神ツールも使用できます。

 icon-arrow-circle-up しかし、より便利なのがこの端末切り替えボタン。

異なるパソコンをワンクリックで切り替えられる(しかもこれがクッソ高)なので、ぶっちゃけFlow使ってません。

 

快適になった『MX ERGO』と神効率キーボード『Craft』のお蔭で作業効率が格段に改善しました。

やっぱりデバイスって大事。

 

 

 

5.OSMOと比較して選んだGoPro HERO7 BLACK

買ってよかったポイント

  1. やっぱり防水機能は大事
  2. OSMOより広角で視野が広い
  3. OSMOより色の階調が豊か

この時期にアクションカメラを買おうとすると巻き起こるのが、『OSMOかGOPROか問題』

OSMOもコスパが良く迷ったのですが、決定打となったのは、Youtuberやブロガーが指摘する色調および広角性のクオリティの差防水性能

特に、沖縄でシュノーケリングしながら使用する事の多い僕にとって防水機能は重要で、GoProにもケースはつけるとはいえ、デフォルトの防水機能で不慮の事故の心配がありません。

 

アタッチメントも豊富で、手ぶれ補正も超優秀なのでスタビライザーいらず!

アクションカメラ歴が長い方はご存知でしょうが、アクセサリーの豊富さは地味にすごく重要です。

 

OSMOより濃くて綺麗と噂の4Kフォトもさすがのクオリティ。

実際のところ、レジャーやアクティビティーで使うならGoPro、街撮りならOSMOといった感じなのでしょうね。

ちなみに今月中旬のAmazonプライムデー、狙えるかもしれませんね。

 

 

 

6.IKEAのコルクコースター

買ってよかったポイント
  1. かわいい
  2. 安い
  3. 倒れにくい

IKEA 365+の2つで税込¥149という素敵なコースター。

北山 羊輔

コルク地のコースターとかあればいいのになぁ

という僕のニーズにピタリときた1品でした。

他のIKEA365+シリーズの寸法に合わせて作ってあるので、デザイン性も安定性も抜群

IKEAは時々良品出してくるので定期的にチェックですね。

 

 

 

 

7.安くて本格的!youkiの甜麺醤・豆板醤

買ってよかったポイント
  1. 麻婆豆腐のレベルアップがすごい
  2. 本格的なのに安くてコスパ◎。

これまで市販のチューブタイプを使用していたのですが、業務用はレベルが違うと聞き購入。

市販のチューブの倍くらい辛味が強いので、この程度の量で使用しましたが、これがまぁ美味い!辛味の種類の深さが全然違う!

甜麺醤も甘くてコクがあり、回鍋肉にも合いそうな感じです。

 

本格的な豆板醤・甜麺醤・花椒・八角の4アイテムさえあれば、自宅でかなり本格的な豆板醤が作れる事が分かりました。

中華の本格食材って意外と安く手に入るので、オススメです。

 

と、いうことで2019年5・6月のベストバイでした。

来月もボーナスパワーでガンガン散財してまいりますので、ぜひご期待ください!

北山 羊輔

掲載している商品について質問等ございましたら、私のTwitterお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう