10月の買ってよかったモノまとめました(11/19)

【レビュー】NAGOMI AROMAの格安エッセンシャルアロマオイルを使ってみた

エッセンシャルオイル(精油)って高いですよね。

100%植物由来のエッセンシャルオイルの製造には莫大な生産コストがかかるため、いたし方ない事ではあります。

それでも、僕のような庶民にとっては安いに越した事はないわけでして、日々コスパの良いオイルを探し求めております。

そんな中、国内メーカーにも関わらず、非常に安価なエッセンシャルオイルを製造・販売しているメーカーがいくつか現れました。

今回はその中でも、おそらく最も安価で販売されている「NAGOMI AROMA」のエッセンシャルオイルを実際に使用してみた感想について綴っていきます。

NAGOMI AROMAとは

NAGOMI AROMAは、ナチュラルオーガニック株式会社が運営するアロマオイル専門店。

ナチュラル・オーガニックさんといえば、オーガニックルイボスティーで有名な「naruralshopなごみ」を運営している事でも知られています。

 

Amazonで大人気

昨年あたりから、Amazonでアロマオイルを購入する際に必ず目に留まっていたのが「NagomiAroma」のエッセンシャルオイル。

特にここ最近では、エッセンシャルオイルの各種ランキングにおいてほぼ上位を独占している状態で、その人気っぷりが顕著になってきました。

なぜ、ここまで人気なのでしょうか。

 

 とにかく安い

一見して明らかな特徴は、とにかく安価であるということ。

NAGOMI AROMAでは、5mlのエッセンシャルオイルを6本セットで『お試しセット』として売り出しており、なんとその価格は6本で1000円

5mlのエッセンシャルオイルが1本あたりおよそ166円という事になります。100均かな?

海外のオイルを含めてよくチェックしていますが、ここまで安いエッセンシャルオイルを見た事がありません

 

  1. 商社などを介さずに直接海外の農家や蒸留所などから大量に仕入れを行う
  2. 卸売りをせずに販売することにより、有名メーカーが商社や販売店に支払っている中間コストを削減している

公式のFAQ曰く、上記2点の工夫により他メーカーと比べて安く提供が可能とのこと。

仕入先などは公開されていませんが、僕のような庶民とってはとにかく「安いことは良いこと」です。

 

エッセンシャルオイルはAEAJ認定

出典NagomiAroma公式HP_About us

安いからと言って品質が粗末なのかというと、そんな事はないようです。

NAGOMI AROMAのエッセンシャルオイルはすべて、AEAJの表示基準適合精油認定を受けているとのこと。

出典:AEAJ公式HP_AEAJについて_「AEAJ表示基準適合認定精油」ブランドリスト

 icon-arrow-circle-up AEAJの認定精油ブランドリストにも、確かに記載されています。

AEAJ表示基準認定精油とは

日本アロマ環境協会が、国内の精油ブランドの「表示基準」を定めたもの。

認定を受けるためには、原料植物の学名や、抽出部位・抽出方法など、定められた8項目の製品情報と4つの注意事項を記載する必要があります。

 

オーガニックとピュア

NAGOMI AROMAも他のアロマブランド同様にオーガニックタイプのオイルを販売しています。

  1. オーガニックオイル:原料を有機農法で生産。価格が高い。種類が少ない。
  2. ピュアオイル:原料が有機農法でない。価格が安い。種類が豊富。

 

エッセンシャルオイルの場合は、オーガニックオイルはブルーのラベル、ピュアオイルはベージュ(ホワイト)のラベルで色分けしているようです。

価格は他のメーカー同様に、オーガニックの方が2倍~数倍程度、割高に設定されています。

 

実際に使ってみた

品質を確認するため、実際にオイルを購入し使用してみました。

オーガニックに強いこだわりはないので、格安なピュアオイルを選択。

1本ずつ個別で購入するよりも割安な『お試しセット』をAmazonで購入しました。

オイルの組み合わせによって11種類のセットがあり、今回は以下の6種類のオイルが同封されている『ハッピーノーズ』というセットを選択しました。

  1. ユーカリ・グロブルス
  2. ティートゥリー
  3. ローズゼラニウム
  4. ラベンダー
  5. ローズマリーctシネオール
  6. ペパーミント

個人的に、最近は柑橘系のオイルに飽きがきているため、ウッド・ハーブ系中心の組み合わせを選びました。

アロマ初心者の方は、各種定番オイルがバランス良く含まれている、『スターター』や、人気の柑橘・フローラル中心の『リラックス』などがオススメです。

 

外観・梱包

数日後、極めてシンプルな外装の商品が届きました。

個人的には、廉価商品のこのような簡易包装は嫌いじゃありません。

 

ボトルはエッセンシャルオイルらしく茶色の遮光瓶。

シンプルなラベルに各オイルの名称が表示されています。

 

ラベル裏面にはAEAJの定める8項目の製品情報と4つの注意書きがしかっりと記載されています。

 

印象的だったのがエッセンシャルアピールがあまり見られないこと。

ラベル表面に小さく「ESSENTIELLE」と表示されているだけでした。

もっとアピールしてもいいのよ。

 

成分分析表

成分分析表の添付はありませんでしたが、公式HPにて各製品ごとに公開されていました。

 出典:NAGOMI AROMA_ユーカリ・グロブルス_オイル成分表

 icon-arrow-circle-up 例として、ハッピーノーズセットに付属しているユーカリ・グロブルスのオイル成分表を記載します。

他のメーカーの成分表と比較しても、特に目立った表記はありません。

ガスクロマトグラフィー検査にはResultの表記がありませんが、おそらくレンジ評価で各項目クリアしているという意味なのでしょう。

 

香りについて

非水溶性のオイルなので、水蒸気ディフューザーは避けアロマストーンやアロマポットを中心に使用しました。なお、オイルの粘性や色に大きな特徴はありませんでした。

香りを客観的に評価する事は難しく、どうしても私見+他のオイルとの比較になってしまうのですが、

素晴らしいことに、他数種類の国産AEAJ認定エッセンシャルオイルと比較しても、香りと持続性に大きな違いは感じませんでした

個人的に感じた顕著な特徴を挙げるのであれば、以下の2点でしょうか。

  1. ティートゥリーオイル:ペパーミントに近いようなハッカ的な爽やかさが強いように感じた。
  2. ローズマリーctシオネールオイル:ハーブの香りが薄く、替わりにウッド調の香りが強いと感じた。

 

もちろん、これは僕の個人的な感じ方であるうえ、そもそもエッセンシャルオイルは原料が自然物であるため、一定の品質(香り)を確約されるものではありません。

仮に実際にこのような違いがあったとしても、これらはオイルとしての個性であり、品質が劣っているという事にはなりません。

 

現状、コスパ最強のエッセンシャルオイル

今回は実際にオイルを使用してみて、NAGOMI AROMAのエッセンシャルオイルは、他の高級ブランドのオイルと遜色のない香りの製品である事が分かりました。

僕の知る限り歴代最安の単価でありながら、豊富な商品と十分な品質を実現しており、現状では最もコスパに優れるエッセンシャルオイルと言えるのではないでしょうか。

かつては5mlで数千円が当たり前であったエッセンシャルオイルが、このように格安で購入できるのは素晴らしい事であり、アロマテラピーをこれから始めたいという方にとっても最適でしょう。

今回はベーシックなエッセンシャルオイルセットのレビューになりましたが、今後機会があれば、ブレンドオイルやシアバターなど、NAGOMI AROMAの他のアロマ商品についてもレビューしていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう